• 黒澤工業のWEBサイトへ
  • このブログのRSSフィールドを取る

自家発電設備工事完了!

先日ブログにアップした自家発電設備工事ですが、完了したのでご報告を。


自家発配管.jpg


装置本体と燃料槽の写真です。
赤いのが配管です。
白い配管は通気配管です。























自家発完成写真.jpeg

装置本体と排気管、給気のダクトです。














まだ、ひき渡す前の写真ですので、養生ビニールがかけてあります。


工事の最中は、

IMG_16650628基礎アンカー溶接7.jpeg

溶接したり

(装置を基礎に固定するための設置元となるアンカーの溶接作業)











サイレンサー取付.jpeg

重い物を取付けて

(排気系統のサイレンサー(消音器)設置作業)



IMG_17820708配管2.jpeg













配管をのばしたり

(自家発電装置と燃料槽をつなぐ配管作業)











P7070067さび止め1回塗3.jpeg
仕上げにペンキをぬったり

(配管の塗装作業。全部で3回塗り!)













つくって持っていったものは、

R0016433_R21.jpg

綺麗にして

(配管の酸洗作業)















R0016451_R4.jpg
傷がつかないように

(配管端部の養生)
















P6303167チャンバーブラスト処理7.jpg
仕上げがうまくいくように

(塗装前のブラスト処理作業後)












耐圧.jpgのサムネール画像

ちゃんと施工したあとは試験も

(配管の耐圧試験作業)














このような作業を経て自家発電設備装置がお客様のところに無事納入されました!

自家発完成写真.jpeg


















Date 2011年8月29日 category 製缶事業部

自家発電設備工事

震災から早4ヶ月経ち、次第に間接的な影響も出てきています。

が、何もやらないわけにはいきません。

と、いうわけでも無いのですが、最近こんなことも始めました。


自家発電設備工事です。

自家発外観.jpg
※発電機設置状況の写真

自家発電機.jpg

2.5tの自家発電装置を設置して、これから配管とダクトをつなげていきます。
空調用途とは違い、ダクトも相当重量があります。



ちなみにすごい山奥で工事しています。
現場にいくまでにサルを見ました。

搬入取り込み口2.jpg


ご興味がある方は是非お問い合わせを。


Date 2011年7月 6日 category 製缶事業部

3/28現在の当社の状況 茨城は復興しつつあります。

いつもお世話になっております。

 

3/28現在の当社の復興状況です。 

あえて復興という字を入れました。


・当社の状況

当社は通常通りに営業しております。

震災前受注の稼働中工事および緊急対応工事を行なっております。

・周辺道路の被害および通行状況

 高速道路は常磐自動車道は三郷からいわきまで開通しており、茨城県内は高速全線開通しております。

ちなみに北関東自動車道は3/19から水戸~前橋まで開通しました。

長年北関東3県の住民が待ち望んでいた開通です。


・物流状況

平常通りになってきました。

昨日あたりから、ガソリンもそんなに並ばずに入れられるようになってきました。

数量・金額規制も一部の店舗で解除されてきました。


個人的に私も出来ることからと思い支援物資を仲間の経営者と宮城県に送ります。

食料は慢性的に不足、その他には子供たちの文房具や筆記具が無いようです。

見当違いの支援物資を送っても迷惑になってしまうので、改めて現地の生の情報をいれつつ必要な物資を届けたいと思います。


被災の少なかった県南地域から徐々に

被災地域である茨城はいち早く復興しつつあります。

県北地域の仲間の製造企業も先週中程には生産を開始しております。

今度はまだ復興していない地域のために手助けをする段階に入りました。

「自分達になにが出来るか」

出来る範囲で最善の行動をしていきます。


Date 2011年3月28日 category 常務の独り言

3/17現在の当社の現状

いつもお世話になっております。

 

3/17現在の当社の状況です。

 

・当社の状況

営業を3/14(月)から開始しております。

3/15(火)から現在稼働中の現場に向かっております。

製造も開始しております。

 

・周辺道路の被害および通行状況

 高速道路は常磐自動車道は三郷JCT~水戸IC

 北関東自動車道は都賀IC~茨城町東IC

水戸IC以北については、引き続き緊急通行車両以外の車両は通行できません。 

北関東自動車道の通行止め解除区間は都賀ICまでのため、東北自動車道に乗り入れることはできません

一般道は徐々に主要な道路は開通しております。

 

・物流状況

 仕入れ先の状況により材料の入荷状況は違いますが、仕入先には在庫はあるそうです。

ただ、各社一様にガソリン不足による流通困難な状況との見解です。

当社も同様にガソリンの確保が難しく、ガソリン確保班を編成し給油している状況です。

ただ、並んでも確保出来ない場合もあり、燃料確保が厳しい状況です。

 

・当社の対応

今現在当社で手がけている工事の関係各所との連絡を密にし情報収集を行ないながら、工事を行なっております。

当社としては今現在行っている工事を完了させることと災害復旧を大前提として営業を行います。

 

以上です。

 当社は福島第一原発から直線距離で125kmの地点にあります。報道などを見ながら状況を注視しています。

放射線の人体への影響や今回の事故の見解・解説などは

日本原子力学会

サイエンス・メディアセンター

で見ることが出来ます。

放射線への対策なども載っていますのでご参考にしてみてください。

分かりやすく説明されており、当社も社員向けの説明の資料として使用致しました。

ただ、単位を間違えてしまうと危険性が全く違ってしまうので、注意したいものです。


今回の地震や原発に対しての政府の対策や情報などは

首相官邸 

茨城県内の災害に関する情報は

茨城県のホームページ

で見ることが出来ます。


今回、東北での被災者の方には大変胸が痛みます。

当社協力会社の社員さんの実家も、津波の被害で家が全壊してしまいました。

今はとにかく、頑張ってみんなで助け合いながら生き延びてください。

また救援物資なども何とかして困っている人にとどいてほしい、そう願うばかりです。


また福島原発の第一線で必死に給水作業を行っている方々を思うと涙が出そうです。

がんばってくれ!

Date 2011年3月17日 category 常務の独り言

この度の震災での当社状況

いつもおせわになっております。
はじめに、今回の東日本巨大地震でおなくなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

この度の震災での当社の被災状況ならびに周辺被災状況 当社の対応をお知らせいたします。

・当社の被災状況
社員・当社員家族とも全員無事を確認できました。
当社の電気・ガス・水道・電話は今日3/14現在復旧しております。
ただし社員の中には家が一部崩落した社員もおり、今日現在、出社出来ていないものもおります。

・周辺道路の被害および通行状況
速道路は常磐自動車道、北関東自動車道とも全面通行止めです。
一般道は水戸市にかかる橋の通行が限定的に通行可能な状況です。
ひたちなかと水戸を結ぶ橋が崩落しているところもあります。
水戸市内から市外への移動が大変困難なものになっております。

・食料およびガソリン
食料の供給が行き届いておりません。
スーパーやコンビニなどは、店頭での限定販売となっており2~3時間ならんでやっと購入できる状態です。
ガソリンスタンドも同様に供給が行きとどいておりません。
そのため当社が保有している車両も走行が限定されてしまっています。
もって、1日程度の量しか残っていません。


・当社の対応
まずは、今現在当社で手がけている工事の関係各所との連絡を密にし情報収集を行っていきます。
当社としては今現在行っている工事を完了させることと災害復旧を大前提として営業を行います。

以上ご報告までに。


今回被災されたみなさん。
みんなで協力して頑張ってこの状況を一緒に乗り切りましょう

茨城県内の災害に関する情報は
茨城県のホームページ
を御覧ください。

Date 2011年3月14日 category このブログについて

無料相談事例:簡易的な塗装の排気をしたいんですが。。。

2月ごろあるお客様から塗装の排気ついてご相談がありました。


~DIYの教室を開くのに、塗装の排気が必要だがどのようにしたらいいですか?~

 とのことでした。塗装と言ってもラッカースプレーを使用するので、工業用の本格的なものではありません。
 DIYの塗装作業でしたら、断続的な使用でそれほど塗料を使うものではないので、
「じゃぁ DIYの教室を開かれる方であれば器用な方だろう」
と思い、ダンボールによる塗装ブースの製作を提案させていただきました。

塗装排気計画.jpg
※上記はお客様に提出した回答資料です。

 お話を聴いてみたところ、最初は部屋の中にビニールハウスを設置して行おうとして考えていらっしゃったのですが、シンナーの臭いで気分が悪くなる可能性や服に塗料がついてしまう可能性があるので、塗装ブースによるご提案をさせていただきました。 
 ただ、言葉だけで説明してつくって頂くのも申し訳ないので、ブースの大きさと形状、どんな機械で排気するのかがわかるような簡単なシステム図を作りお渡ししました。
 
 結果的に、費用の面でも約60万ほど削減できたようです。

 無料相談では当社が工事や物を作らなくても解決出来るようなアドバイスを心がけています。
また、お客様自身で直せたり、運用面で対処出来ないかをまず考えています。
どのようなことでも結構なので、ご相談ください。
専門家の視点で、お客様に有意義なアドバイスが出来ると思います。

無料相談はこちらをクリック!

Date 2011年3月 9日 category 生産現場の困りごと解決

新年のご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。

 去年はあっという間の一年でした。

ニュースなどの報道を振り返ると、世界中で地殻変動が起きているのが身にしみて実感した年でもありました。先進国の物質的、金銭的な飽和、相対的な貨幣価値の下落、社会システムのミスマッチによる不況と新興国への投資の流入、先進国からの生産移管、インフラ整備などからくる相対的な台頭等々。

その狭間において日本も円高やいろいろな変化が生活にも如実に浸透してきた一年だったのではないでしょうか。

当社も35年間空調設備の業界に属していて、これまで環境の変化に直面した一年はありませんでした。

当社でも会社全体で試行錯誤し、変化に対応しながらなんとか乗り越えることができました。

これもひとえに日頃からご愛顧いただいているお客様からの信頼があってこそだと思います。

この場をお借りして御礼を申し上げます。

 

 個人的には色々な方と知り合い、学び、遊び()個人的にはとても充実した一年でした。

年はその蓄積したものを表に出し、一歩踏み出す年です。

より良い会社をつくるために「お客様に対して価値を想像できる仕事」「社員が幸せに働ける会社」「地域の人達への貢献」が出来るような会社運営をしていきたいと思っています。

 それらを達成するにはまず、「お客様に黒澤工業をもっと知ってもらうこと」「社員との意識の共有とコミュニケーション」「地域の方々には背伸びしないで出来る行動から社会貢献を」を心がけていきたいと思います。

 

皆様、今年もご愛顧のほどよろしくお願い致します。

 

そして、

HP、ブログを見ていただいた方に感謝。

そして皆様によりいっそうの幸せが訪れますように!!

Date 2011年1月 5日 category 常務の独り言

病理検査室の為の局所排気設備及び空調設備設計・施工

 関東にある病理検査会社の環境改善の為の局所排気並びに空調設備工事の設計・施工を行った時の様子をご紹介します。

「社員が深呼吸出来る環境をつくりたかった」

全ては担当部長さんのこの言葉がきっかけで動き出したプロジェクトでした。

 今回の設計・工事の内容は、この会社さんの建物の未装階部分を利用して、下の階にある検査室をまるごと増設して上の未装階に持ってくるという計画です。

未装段階3.jpgのサムネール画像









左の写真は未装の段階の写真です。

 

まず設計の重点ポイントとして、今回新たに設置されるドラフトチャンバーや卓上フード、その他の局所排気機器の風量の面風速を適切に出すことでした。

しかしながら、何十年も前の建物で、建物の梁の懐があり、ダクトのルートを集約して持っていくのが困難で各局所排気機器の面風速の調整を簡便にするためにもエリヤごとに分けて系統を設計しました。

 お客様が簡易に適切に局所排気機器を増設できるように、通常のシロッコファンではなく、インバーター内蔵のシロッコファンにより風量の増加が簡便に出来るようにし、また局部損失が多くかかるダクト形状の部分は風量増加に耐えられるような補強を致しました。インバータ制御は風量の調整が簡便に出来ることの他に、風量の調整を行なう際にダンパーにより風に抵抗を加えて調整をするよりも、インバーターでモーターの回転数を制御することによって、ランニングコストが抑えられるという二つのメリットがあります。

 コスト低減のご提案として、窓を配管・ダクト貫通部として利用することで、コア抜きによるレントゲン撮影、耐震調査や各種検査などの手間を省くことで、工事費を低減しました。

 空調設備はマルチエアコンによるシステムを採用し、建物南面と北面とでゾーニングを行うことで、中間期における冷暖房切り替えが個別に出来るようなご提案をし、採用されました。その際パッケージエアコンから出る気流が局所排気機器の気流に影響が出ないようにパッケージエアコンの気流方向を制御することで、より効果的な局所排気が可能となりました。

 ドラフト.JPG

 当初は局所排気設備に必要な給気系統にも外調機設置をご提案しましたが、予算の関係上来季に増設を予定しております。今回の1期工事で来季増設予定の部分に関して増設工事の際、営業稼働中のお客様にご迷惑がかからないように外調機系統のダクトが展開しやすいようにルート設計をしました。

気流テスト.JPG

 








気流チェック状況


 工事後お客様とお食事の機会があったのですが、「局所排気設備機器と空調設備を一体となって計画設計から施工までをしてくれるところをどこに頼んでいいか解らなかったが、頼んでよかった。ありがとうございます。」というお言葉をいただきました。

その時はほんとにこの仕事をしていてよかったなと思えた瞬間でした。

今度春頃お客様のご紹介で展示会にも出店する予定です。※秋頃に変更になりました。

詳細報告は後ほどアップいたします。

その時にお会いしたら是非お声がけ頂ますようよろしくお願い致します!

もっと詳しく話を聞きたいというかたは。。

こちらをクリック

Date 2010年12月17日 category 空調・局所排気設備工事解決事例

プラント装置向け 製缶ステンレス溶接ダクト

 

今回、ご紹介するのは、プラント装置向けに納入した製缶ステンレス溶接ダクトです。

 

今回の製缶品 ステンレス溶接ダクトはプラントで回収するガスを通すダクトなので、リーク及び内面の仕上がりに気を使わなければならない製品です。

 

製缶溶接ダクトはダクトのフランジ(ダクト接続面)の内面を全周溶接で行い、板厚が1.5mmと薄かったので、ナメ付けによる溶接を採用しました。

全製品を検品作業時にカラーチェックによる漏洩試験を行い、その後アセトンにより内面の油膜を除去しました。

 

通常の一般空調用のステンレスダクトとは違い、溶接ダクトなどの製缶品は厳しい寸法の公差が求められる製品です。

ハゼ組による空調用のダクトは製品に対する公差は厳しくても±5程度なのですが、

 

溶接ダクトになると公差は±10.5ぐらいになります。

 

なぜ公差の幅がこんなに違うのかというと、今現在一般的に流通している矩形の亜鉛鉄板製のダクトは板を専用機により成形加工してフ ランジ(ダクト接続面)の部分をつくり、板と板を組み合わせるのにハゼ加工を行ないます。

一般的なダクトは薄板で板を組み合わせている構造なので、多少ズレていたり長さが違っていたりしてもその長さを吸収することができてしまいます。建設工事においては、多くの職種が混在し、また仕上がった状態で目に見えなくなってしまう部分に設置される設備は隅々にミリ単位で取り合いを取るのは非常に困難なので、そういった意味で今現在主流の空調用ダクトは、非常に現在の用途に合っているものと言えます。

 

一方溶接ダクトはズレ等を吸収出来る部分がないので、作った製品がそのままの状態でしか設置されません。

そのため図面から製品化する段階でも通常のダクトより、

 

高精度な「加工」、「図面」、「緊密な仕様の確認」が必要

 

となってきます。

 

当社では切断面のバリが少ない、シャーリング、レーザー加工による板の切断加工を採用し、溶接加工がより高精度に仕上がる状態で加工を行ないます。

 

ステンレス溶接ダクトは一本の溶接線が長いもので2mを超えるものもあり、熱変形が必ず出てしまいます。そこで当社はダクト形状に合わせたヤトイ(溶接治具)を設計・製作し、溶接時に必ず出てしまう

熱変形を抑え、また溶接線を減らすために曲げ加工を採用したり、板と板をつなぐ部分の角溶接によるねじれ変形を曲げ加工により抑えたりと独自のノウハウで高品質のダクト 

を提供します。

 

また形状によって、ヤトイ(溶接治具)では押えきれない熱変形は熟練した技術者により、

再度変形部位に熱を加える事によって修正をおこなっております。

 

当社の溶接ダクトは外観もさることながら、現場取付けの際に「同じサイズのダクトなのにボルトがはいらない」といったことがないように、フランジボルト穴を基準に修正工程を行っています。

 

当社製缶品目として1.5mm以上のステンレス製缶溶接ダクトを扱っております。

ステンレス薄板だけではなく鉄やステンレスの厚物製造もおこなっておりますので、ダクトに限らず製缶品のご用命がございましたら、お問い合わせください。

 

D2-3.jpg

全周溶接による6面体チャンバー、カラーチェック状況

チェック.jpg

配管タッピング溶接部、カラーチェック状況

直.jpg

直管ダクト、カラーチェック状況


お問い合わせは。。。。

こちらをクリック

Date 2010年8月 2日 category 製缶事業部

食品工場での空調メンテナンス ~エアコンメンテナンスは重要です~

食品工場に設置されている空調の性能が落ちる原因は様々な要因があります。

この写真はある食品工場の空調設備のエアコンの写真です。

エアコンの中身.JPG

湿度が高い生産現場で10年近く使用しているとのことですが、ちゃんと清掃がされていて綺麗です。

メンテナンス会社に定期的に洗浄をしてもらいつつ、フィルターなどは、社員のみなさんが月イチで清掃されているそうです。

 ところが、最近この工場では夏場になると空調の温度があまり冷えないというか、「暑い」という問題が近年、発生しているそうです。

最初当社へのご相談は排気のご相談だったのですが、当社で空調も設計・施工しているということで、お問い合わせ頂きました。

そこで当社が調査したところこの工場では、綺麗なはずのエアコンの性能が落ちているのが確認されました。

その原因は清掃ができない部分に汚れが付着しているというものでした。

こちらは汚れが比較的汚れがついてない写真です。

フィン汚れ少し.JPG


こちらが汚れがついてしまっている写真です。 
 

エアコンフィン汚れあり.JPG

この部分は通常フィンと呼ばれる部分で、空調をする上で非常に重要な部分です。

このフィンは薄い板を何枚も重ね合わせた形状をしており、その中を冷媒ガスが入っている配管がとおっており、冷房運転時は熱の伝導でフィン自体も冷たくなります。※暖房運転時は逆にフィンは暖かくなります。そのフィンを空気が通過し、ふれることで熱交換を行うのです。

※イメージ図ですので、機種によって形状の違いが有ります。

この部分に汚れがたまると、空気とフィンが直接、接する面積は少なくなり、また風もフィンの隙間に通らなくなるので、熱交換も十分に行われなくなります。

今回のケースはこの部分を洗浄することにより性能回復をさせることが可能です。

なぜ、綺麗にしていたのに汚れが付着していたかというと、この食品工場に設置されているタイプのエアコンの、このフィンの部分はある程度、エアコンの部品を分解して、高圧洗浄をしないと清掃できない部分だったからだと思われます。

もし、「最近エアコンの性能が出ていない」と感じたら、めんどうでもカバーを開けて、フィンを覗いてみてください。

「汚れ」「ほこり」がびっちりついていた。

なんていうことがあるかもしれません。

特に食品工場などは、一般事務所ビルなどとは違い設置環境が高温多湿などの過酷な条件の場合が多いです。

また、フィンに汚れついてなくても性能が落ちている」いう場合は当社にご相談ください。工場空調が効かなくなる原因は様々な要因が重なって起きている場合がありますので、当社が

一つ一つ問題の相関関係を紐解いて、その対策をご説明

させていただきます。

お問い合わせは。。。

こちらをクリック



Date 2010年5月11日 category 生産現場の困りごと解決

1  2