• 黒澤工業のWEBサイトへ
  • このブログのRSSフィールドを取る
ホーム > 常務の独り言一覧

3/28現在の当社の状況 茨城は復興しつつあります。

いつもお世話になっております。

 

3/28現在の当社の復興状況です。 

あえて復興という字を入れました。


・当社の状況

当社は通常通りに営業しております。

震災前受注の稼働中工事および緊急対応工事を行なっております。

・周辺道路の被害および通行状況

 高速道路は常磐自動車道は三郷からいわきまで開通しており、茨城県内は高速全線開通しております。

ちなみに北関東自動車道は3/19から水戸~前橋まで開通しました。

長年北関東3県の住民が待ち望んでいた開通です。


・物流状況

平常通りになってきました。

昨日あたりから、ガソリンもそんなに並ばずに入れられるようになってきました。

数量・金額規制も一部の店舗で解除されてきました。


個人的に私も出来ることからと思い支援物資を仲間の経営者と宮城県に送ります。

食料は慢性的に不足、その他には子供たちの文房具や筆記具が無いようです。

見当違いの支援物資を送っても迷惑になってしまうので、改めて現地の生の情報をいれつつ必要な物資を届けたいと思います。


被災の少なかった県南地域から徐々に

被災地域である茨城はいち早く復興しつつあります。

県北地域の仲間の製造企業も先週中程には生産を開始しております。

今度はまだ復興していない地域のために手助けをする段階に入りました。

「自分達になにが出来るか」

出来る範囲で最善の行動をしていきます。


Date 2011年3月28日 category 常務の独り言

3/17現在の当社の現状

いつもお世話になっております。

 

3/17現在の当社の状況です。

 

・当社の状況

営業を3/14(月)から開始しております。

3/15(火)から現在稼働中の現場に向かっております。

製造も開始しております。

 

・周辺道路の被害および通行状況

 高速道路は常磐自動車道は三郷JCT~水戸IC

 北関東自動車道は都賀IC~茨城町東IC

水戸IC以北については、引き続き緊急通行車両以外の車両は通行できません。 

北関東自動車道の通行止め解除区間は都賀ICまでのため、東北自動車道に乗り入れることはできません

一般道は徐々に主要な道路は開通しております。

 

・物流状況

 仕入れ先の状況により材料の入荷状況は違いますが、仕入先には在庫はあるそうです。

ただ、各社一様にガソリン不足による流通困難な状況との見解です。

当社も同様にガソリンの確保が難しく、ガソリン確保班を編成し給油している状況です。

ただ、並んでも確保出来ない場合もあり、燃料確保が厳しい状況です。

 

・当社の対応

今現在当社で手がけている工事の関係各所との連絡を密にし情報収集を行ないながら、工事を行なっております。

当社としては今現在行っている工事を完了させることと災害復旧を大前提として営業を行います。

 

以上です。

 当社は福島第一原発から直線距離で125kmの地点にあります。報道などを見ながら状況を注視しています。

放射線の人体への影響や今回の事故の見解・解説などは

日本原子力学会

サイエンス・メディアセンター

で見ることが出来ます。

放射線への対策なども載っていますのでご参考にしてみてください。

分かりやすく説明されており、当社も社員向けの説明の資料として使用致しました。

ただ、単位を間違えてしまうと危険性が全く違ってしまうので、注意したいものです。


今回の地震や原発に対しての政府の対策や情報などは

首相官邸 

茨城県内の災害に関する情報は

茨城県のホームページ

で見ることが出来ます。


今回、東北での被災者の方には大変胸が痛みます。

当社協力会社の社員さんの実家も、津波の被害で家が全壊してしまいました。

今はとにかく、頑張ってみんなで助け合いながら生き延びてください。

また救援物資なども何とかして困っている人にとどいてほしい、そう願うばかりです。


また福島原発の第一線で必死に給水作業を行っている方々を思うと涙が出そうです。

がんばってくれ!

Date 2011年3月17日 category 常務の独り言

新年のご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。

 去年はあっという間の一年でした。

ニュースなどの報道を振り返ると、世界中で地殻変動が起きているのが身にしみて実感した年でもありました。先進国の物質的、金銭的な飽和、相対的な貨幣価値の下落、社会システムのミスマッチによる不況と新興国への投資の流入、先進国からの生産移管、インフラ整備などからくる相対的な台頭等々。

その狭間において日本も円高やいろいろな変化が生活にも如実に浸透してきた一年だったのではないでしょうか。

当社も35年間空調設備の業界に属していて、これまで環境の変化に直面した一年はありませんでした。

当社でも会社全体で試行錯誤し、変化に対応しながらなんとか乗り越えることができました。

これもひとえに日頃からご愛顧いただいているお客様からの信頼があってこそだと思います。

この場をお借りして御礼を申し上げます。

 

 個人的には色々な方と知り合い、学び、遊び()個人的にはとても充実した一年でした。

年はその蓄積したものを表に出し、一歩踏み出す年です。

より良い会社をつくるために「お客様に対して価値を想像できる仕事」「社員が幸せに働ける会社」「地域の人達への貢献」が出来るような会社運営をしていきたいと思っています。

 それらを達成するにはまず、「お客様に黒澤工業をもっと知ってもらうこと」「社員との意識の共有とコミュニケーション」「地域の方々には背伸びしないで出来る行動から社会貢献を」を心がけていきたいと思います。

 

皆様、今年もご愛顧のほどよろしくお願い致します。

 

そして、

HP、ブログを見ていただいた方に感謝。

そして皆様によりいっそうの幸せが訪れますように!!

Date 2011年1月 5日 category 常務の独り言

製造業のネット活用に刺激を受ける

先日、地元の商工会主催のセミナーに参加してきました。

 

ずばりテーマは、

 ネット活用がもたらすモノづくり企業の革新!

です。

 

当社もHPを持っているので何か活用できないか(「まずはブログを書いてください」というHさんの声が聞こえそうですが・・・。)と思い、「異業種の人たちはネットをどんなかたちで活用しているのかな?」と行く前から興味津々でした。

 

実際行ってみてびっくりしました。

特に製造業の方のネット活用は半端じゃなかったです!

ブログはもちろんMixiGREEなどのSNSはもちろん、今話題のTwitterUstreamなどを活用していて、びっくりしました。

もちろんHPもトップページでどれだけ自分の会社をわかりやすく、また特徴を出せるかという試行錯誤を続けて、それこそ何回もTopページを変えたそうです。

 

当社は建設業と製造業の半分半分みたいな感じなんですが、ことネットに関しては建設業のまま。とても活用しているとは言えません・・。

 

その中でも印象に残った言葉が「無機質なHP中でどれだけやってくれそうな感じを出すか?」という言葉が印象的でした。

 

「やってくれそうな感じ・・。」

「そもそも、ブログを更新してないな・・・。」

「立派なHPを作ってくれた方々にも申し訳ないな・・。」

Twitterとかで困っている方々の質問箱みたいなことできないかな?」

といろんなことが浮かんできました。

 

この時、福井から二名の方々(どちらも製造業のかた。しかも私と同じ二代目!)が講演してくれたのですが、ナント!i-phoneUsteamの生中継をしていました。

 

 いやはやびっくりです。10年前には考えられないようなことが、日々刻々と起こっているんだなぁと改めてびっくりしました。

 

その後の懇親会でもいろいろな話をさせていただいて、「無料で使えるものは使った方が得!」「ネットはやればやっただけ結果が返ってくる。」「みんなが右向いているときに左を向く」などたくさん激励の言葉をいただきました。

 

 

「俺もやらねば!」と勇気をもらった一日でした。

Twitterで質問箱。近々チャレンジします!

SさんNさんありがとうございました!

またセミナーを主催していただいた方、懇親会でお話させていただいた方々、お疲れさまでした!

Date 2010年3月15日 category 常務の独り言

山口県 Co(一酸化炭素)中毒事故 について思うこと

先日山口県でいたましい事故がおきましたのは皆さんもご承知だと思います。

 

原因はボイラーの不完全燃焼で起きた一酸化炭素が室内に流入し建物内にいた人々が中毒を起こしてしまったというもの。

残念ながら、若い男性が命を落としてしまいました。

今、捜査が行われていてそのときの状況が新聞等で徐々に明らかになっています。

 

当社の業務に多少、関連のあること(※当社では煙道工事はおこないません)なので、社内でも話題にのぼりました。

話しの中心になったのが

「なぜボイラーの排気が漏れ出たのか?」ということ。

通常ではそのようなことは考えられません。

 

・「煙道から排気が漏れる可能性としては、何かの原因(ススなど)で詰まってしまって逆流している」

・「煙道自身に穴などが空いていたのではないか?」

・「もし、漏れ出たとしても室内に24時間換気装置があれば防げた?」

・「ボイラーの不完全燃焼で発生したCoが煙突から排気された際、近くにダクトの給気口がありそこから流入してしまったのではないか?」

等があがりました。

 

今週になって一部報道で「ボイラーが接続されていた煙突にフタがされていた」「以前からそのボイラーは異常だった」

とのこと。

 

1・新築時にボイラーを何台か設置

2・調子が悪いので1台停止→メーカーは処分まではせず(処分するにもお金はかかる)

3・4・煙突にフタをした→??なぜ??

5・給湯量が間に合わず停止していたボイラーを再び稼動→不完全燃焼

6・フタをされ逃げ場の失った煙道内のCOが弱くなっている部分から流出

 

また煙突に亀裂が入っていたとの報道もありますが、大きな穴があいている(どの程度かはわかりませんが)と確実に漏れますが、ひびぐらいであれば通常そこから大量に漏れ出ることはありません。

また通常の状態で少し漏れ出たとしても室内には換気設備があり、死に至るほどの濃度になるとは考えにくいです。

フタをされてしまって煙突内の圧力が上昇(そんなに高くはないですが)→弱っている亀裂から流出→

煙突を囲っているシャフト(壁で覆われている)から室内に→事故が発生

と予測されます。

実際の状況は捜査が進展しないとわかりませんが、人災の可能性が高そうです。

 

・なぜ煙突にフタをしたのか?

・またフタをした状態で運転をすると大変なことになるとわかっていなかったのか?

・そもそも異常な状態で「使用してはまずい」となった時点で、燃料を供給する配管をなぜ撤去しなかったのか?

 

Coはそれ自体に人体に毒性があるものです。(Co2は濃度が上がるとO2濃度が下がり危険。いわゆる酸欠)注意しすぎてもしすぎることはありません。

 

ちょっとおかしいなと思ったらこれを機に点検してみてはどうでしょうか?フタがされていたら速やかに撤去するか、工事関係者にみてもらいましょう。

 

※ちなみに当社では給湯設備に関するボイラーの点検・工事は行っておりません。

空調・換気設備 または ダクトに関するご相談はお受付いたします。

Date 2009年6月 8日 category 常務の独り言

新工法の紹介:空調設備 保温付きフレキシブルダクトの省力化

今回は空調設備工事の保温付きフレキシブルダクトの省力化 新工法について特許出願した話しです。

 

現状の新築工事における一般空調設備工事において省力化は避けても通れない状況になっています。一般的な店舗の空調設備のシステムは天井カセット型パッケージエアコンが主力となっていますが、事務所ビルなど、居室に人が常時いるような空間では気流の偏りによる室内環境に配慮しダクト方式により空間にマッチした制気口の配置がなされています。

 そのため従来では亜鉛鉄板製のダクトを伸ばし、結露防止の為にその上から保温・断熱をする工程がとられていましたが、今現在主流となっているのが、メインダクトから制気口までのサブメインとなる丸ダクト、枝の丸ダクトは保温材付きのフレキシブルダクトを用いて、ダクト工事・保温断熱工事の2工程で行われていた工事をダクト工事のみの1工程に簡略化するという工法です。機能上は問題がないのですが、柔軟すぎる特性や自重によるたれ下がりが本体の破れや破損を招くという理由から、支持を確実に取りほかの設備に干渉しないように施工する必要がありました。保温付きフレキシブルダクトはその柔軟な特性から支持間隔を狭く、且つ多く取らなければならず、アンカー打設施工が増え、かえってダクト施工業者の負担となっていました。

「もっと保温付きフレキシブルダクトをたくさん使う工事の現場施工が効率化できないかな?」

と常々考えていたのです。

 

保温付きフレキシブルダクト施工がもっとよくなるためのポイントは以下の二つでした。

 

「保温付きフレキダクトの支持間隔を広くすることは出来ないか?」

「曲がったままの形状をそのままに出来ないだろうか?」

 

そこで最初に思いついたのが、ガイドをつけて自重で垂れ下がらないような構造にすることでした。しかし、曲がりの部分ではそのようなガイドをつけなければならず、しかもガイドをつけたあとにフレキシブルダクトを取り付けるので二度手間になってしまいます。

 

「フレキシブルダクトのもうひとつの特徴、柔軟な形状の変化を生かしつつ支持感覚を広げるには?」

 

いろいろな方法を考え

 

支持間隔を広げる効果

施工時にリアルタイムで形状が保持できる

 

という現在の保温付きフレキシブルダクトの長所と短所を補うような特徴を融合させたものを思いつきました。

 

それは保温付きフレキシブルダクトの外側に針金を長手方向に取り付け支持を広く取れ且つ曲げるとそのままになるというものでした。針金は、搬送時は別梱包とすることで「フレキがかさばる」のを防止し、施工直前にテープで貼り付けるというものです。

 

現場での経験を元に出たものでもあり、「もしかしてダクト業界に小さくてもいいから変革をもたらすことが出来るかも知れない。」と早速、茨城県知的所有権センターに相談しました。

「特許とは?」から勉強し、特許明細書もアドバイスを頂きながら作成し出願することができました。

 

フレキ特許図2.jpg 

※実際に出願の際に作成した図です。

 

 

特許の明細書は独特の言い回しや文法的な決まりごとがあり、なかなか難しいものでしたが、担当していただいたアドバイザーの指示が的確で、文章の内容を良く煮詰めることが出来たので、電子申請の際のチェックは一発で通りました。そのせいもあってか申請は拍子抜けするぐらいあっけなく終ってしまいました。最初の相談から約3ヶ月で申請にたどり着きました。

ちなみに弁理士さんに頼むと案件にもよるでしょうが、最低でもウン十万かかるそうです。弁理士さんに頼むものいいのでしょうが、弁理士さんは「特許を取る」ことが仕事なので頼んだ本人が明細書の内容をよく把握していないと、本当に特許を取りたい内容で明細書が書かれているかどうかが理解できなく後で後悔してしまうということがあると聞きます。そういった意味では明細書を作る際のポイントや特許の思想などを担当のアドバイザーからお話し頂け、いい経験が出来たと思います。

 

今回の発明はまだ製品化まではいたっておりません。「製品化を一緒」にという企業様がいらしたらぜひお問い合わせフォームからメールを。

Date 2009年5月 7日 category 常務の独り言

1