• 黒澤工業のWEBサイトへ
  • このブログのRSSフィールドを取る
ホーム > 局所排気 > 空調・局所排気設備工事解決事例 > 病理検査室の為の局所排気設備及び空調設備設計・施工

病理検査室の為の局所排気設備及び空調設備設計・施工

 関東にある病理検査会社の環境改善の為の局所排気並びに空調設備工事の設計・施工を行った時の様子をご紹介します。

「社員が深呼吸出来る環境をつくりたかった」

全ては担当部長さんのこの言葉がきっかけで動き出したプロジェクトでした。

 今回の設計・工事の内容は、この会社さんの建物の未装階部分を利用して、下の階にある検査室をまるごと増設して上の未装階に持ってくるという計画です。

未装段階3.jpgのサムネール画像









左の写真は未装の段階の写真です。

 

まず設計の重点ポイントとして、今回新たに設置されるドラフトチャンバーや卓上フード、その他の局所排気機器の風量の面風速を適切に出すことでした。

しかしながら、何十年も前の建物で、建物の梁の懐があり、ダクトのルートを集約して持っていくのが困難で各局所排気機器の面風速の調整を簡便にするためにもエリヤごとに分けて系統を設計しました。

 お客様が簡易に適切に局所排気機器を増設できるように、通常のシロッコファンではなく、インバーター内蔵のシロッコファンにより風量の増加が簡便に出来るようにし、また局部損失が多くかかるダクト形状の部分は風量増加に耐えられるような補強を致しました。インバータ制御は風量の調整が簡便に出来ることの他に、風量の調整を行なう際にダンパーにより風に抵抗を加えて調整をするよりも、インバーターでモーターの回転数を制御することによって、ランニングコストが抑えられるという二つのメリットがあります。

 コスト低減のご提案として、窓を配管・ダクト貫通部として利用することで、コア抜きによるレントゲン撮影、耐震調査や各種検査などの手間を省くことで、工事費を低減しました。

 空調設備はマルチエアコンによるシステムを採用し、建物南面と北面とでゾーニングを行うことで、中間期における冷暖房切り替えが個別に出来るようなご提案をし、採用されました。その際パッケージエアコンから出る気流が局所排気機器の気流に影響が出ないようにパッケージエアコンの気流方向を制御することで、より効果的な局所排気が可能となりました。

 ドラフト.JPG

 当初は局所排気設備に必要な給気系統にも外調機設置をご提案しましたが、予算の関係上来季に増設を予定しております。今回の1期工事で来季増設予定の部分に関して増設工事の際、営業稼働中のお客様にご迷惑がかからないように外調機系統のダクトが展開しやすいようにルート設計をしました。

気流テスト.JPG

 








気流チェック状況


 工事後お客様とお食事の機会があったのですが、「局所排気設備機器と空調設備を一体となって計画設計から施工までをしてくれるところをどこに頼んでいいか解らなかったが、頼んでよかった。ありがとうございます。」というお言葉をいただきました。

その時はほんとにこの仕事をしていてよかったなと思えた瞬間でした。

今度春頃お客様のご紹介で展示会にも出店する予定です。※秋頃に変更になりました。

詳細報告は後ほどアップいたします。

その時にお会いしたら是非お声がけ頂ますようよろしくお願い致します!

もっと詳しく話を聞きたいというかたは。。

こちらをクリック

Date 2010年12月17日 category 空調・局所排気設備工事解決事例